清潔で経済的な、安心・安全の畜舎を創る。【農畜産用 高性能断熱パネル】

畜舎全体を高強度パネルで施工することで、建築時のトータルコストダウンを実現。
高断熱・高気密のパネルでランニングコストも抑えることができます。

天井・間仕切壁・外壁には「スタイロフォーム」 屋根には「スタイロルーフBL」 床には「ドマフォーム」畜舎全体を高断熱パネルで施工するとトータルコストダウンを実現します。

畜産建築材に求められる高性能な断熱パネル

畜舎の建築には、通常の建築資材以上に断熱性や耐久性が求められ、糞尿などに対する耐アンモニア性や、ネズミなどの食害対策も欠かせません。芯材にスタイロフォームを用いた『スタイロウォール』『スタイロルーフBL』は、高断熱・高気密・高強度を実現。パネルの両面がフラットな鋼板なので、ネズミの食害も防止します。さらに、胴縁や母屋のピッチを通常より大きく取ることが可能で、トータルな建築コストを低減します。

壁用断熱パネル「スタイロウォール」と屋根用断熱パネル「スタイロルーフボルトレス」
農畜産用 高性能断熱パネルの特長

高強度だから低コスト

「スタイロウォール®・スタイロルーフBL」は両面鋼板、独自のジョイント方式により、従来のパネルに較べて強度が飛躍的にアップ。壁の胴縁ピッチは最大3メートル超、屋根の母屋ピッチは最大1.2メートルと、従来より胴縁と母屋を大幅に減らせます。高強度のパネルなので、高品質を維持しながら総建築費を削減できます。

ネズミの食害を防ぐ、両面鋼板のフラットパネル

「スタイロウォール®・スタイロルーフBL」は、両面鋼板のフラットなパネルが、ネズミや害虫などの食害をシャットアウト。両面鋼板のパネルは内壁が不要になり、ネズミや害虫が壁の中に入る隙間がありません。食害による壁などの補修がほぼ不要となり、長寿命の農畜舎を実現します。また、フラットな形状なので、屋根材と棟包みの取り合い部にも面倒な施工が発生しません。

スタイロ加工が開発した、耐アンモニア性に優れた表面材

高耐食性めっき鋼板ZAM®鋼板を、さらに2層の塩ビフィルムを被覆した鋼板です。塩ビフィルムがアンモニアガスをシャットアウトし、鋼板にアンモニアが直接接触することを防いで、より優れた耐食性を発揮します。

スタイロ加工が開発した、アンモニアガスをシャットアウトする耐アンモニア性に優れた表面材「ZAM(ザム)塩ビ鋼板」の耐腐食試験(アンモニア浸漬試験)

芯材とジョイント方式が、断熱効果を持続

芯材のスタイロフォームは熱の伝導・放射・対流を抑え、高い断熱性能を発揮します。吸水性0.01g/100c㎡と水に強いスタイロフォームは、断熱性能の低下を防ぎます。また、独自のジョイント方式により嵌合部の断熱性も確保、畜舎の省エネに貢献します。15年稼働しても約80%も持続します。(当社調べ)

スタイロウォールとあ折板+ポリエチレンフォームの暖房費の比較表
高断熱を生み出すスタイロ加工独自のジョイント方式
芯材のスタイロフォームは、水に強いから劣化が少なく断熱性が持続します。

ご採用頂いたお施主様に感想を伺いました。

画像をアップロード

ネズミ駆除などが減り、高圧洗浄機も気兼ねなく使える。

新農場を設立するに当たり、耐久性の高い強度のある素材として「スタイロウォール」をご採用いただきました。「施工がし易く従来よりもかなり短い工期で済む」という豚舎専門の建築業者の言葉でご決定されました。

画像をアップロード

夏場の豚舎内が、外より涼しく感じる。

従来の壁材と比べると『スタイロウォール』は細かいところまで工夫が凝らされていて、かなりの高寿命化が期待できる。空調費用の抑制など経済効果も生まれている。うれしいご感想をお聞かせいただきました。

農畜舎や、その他農業施設にご採用頂いた施工例はこちらをご覧ください。